欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中目

2013年08月06日

日興上人は板の本尊を造ったのか?大石寺(静岡県富士宮市)、妙光寺(東京都品川区)、妙本寺(千葉県安房郡鋸南町)、妙蓮寺(静岡県富士宮市)

大石寺(静岡県富士宮市)、妙光寺(東京都品川区)、妙本寺(千葉県安房郡鋸南町)、妙蓮寺(静岡県富士宮市)にある日興上人の御本尊と呼称されているあの板は本当に日興上人が造ったのか。疑問がないであろうか。誰がいつどのように造ったのか。これらが全然、とくに大石寺、妙光寺、妙蓮寺に聞いてもわからないのであります。彼らの主張は日蓮大聖人という言葉だけで何か妄想した教育を受けているように見えるのである。日蓮大聖人という人にも日興上人という鎌倉時代に生きた人にも逢ったこともないのに、本尊と曼荼羅の違いというのも検索せずに、ただ闇雲に信じるだけで、大石寺(静岡県富士宮市)、妙光寺(東京都品川区)、妙本寺(千葉県安房郡鋸南町)、妙蓮寺(静岡県富士宮市)にある日興上人の御本尊と呼称されているあの板は本当に日興上人が生存中に造ったのか。仮に日興上人が生存中に作成した板ではなかった場合にはどうなるのか。偽物なのか。本物なのか。この日興門流や富士門流の信仰をしているという人にはぜひぜひよくよく本尊とはなにか?曼荼羅とはなにか?を考える必要があるのではないであろうか。

▼南条時光は法華を貫いていない

引用元: http://youtu.be/-983f02phWU
法友のMさんから富士山本門寺(横浜市戸塚区)での宿泊の提案があった。ちょうど、大-石寺に関わる三箇の大事ということで富士山本門寺(住職: 上行院日了上人)が、所持しているというお話しも聞きまして、正統の大石寺と歴史の考-察という観点で筆者は体験レポを試みた。いわゆる本門戒壇含めて、宗祖日蓮大聖人、南-条家、南条時光、日興門流の真相に迫るレポの一つになったであろう。


引用元URL: http://youtu.be/wG4qElvtfQw
心臓を悪くしていた岡野さんは創価学会も日蓮正宗=大石寺も信用できないという。心臓-病で一時は死ぬのではないかと諦めていた、新聞広告で一つの本と出逢いがあり、寺院を-探したらしい。その時に本門の題目というのに出逢ったと話す。成仏したいという想いで-お寺に通い始めたらしい、心臓が悪いときには顔色が黒かったという。2年くらい経ち信-仰のおかげですっかり健康になったいう。どんなに金持ちになろうが、社会的な地位を得-ようが人間死ぬときには形相が激しくなる人もいるというが信仰を保っていると立派な死-に方できるという。インタヴュー後は懐中釈迦仏(宗祖日蓮大聖人が所持していた釈迦仏-)を見せていただいた。 2013年1月 (富士山本門寺 横浜市)
次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



正統大石寺の本門の題目は以下の通りわーい(嬉しい顔)

YouTube動画: http://youtu.be/9feezQhO6r4

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。