欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中目

2013年09月26日

冨士大石寺顕正会の前身である妙信講と法論対決をおこなった!?

冨士大石寺顕正会の前身である妙信講と法論対決をおこなった!?

Q: 本門正宗 富士山本門寺(横浜市戸塚区)は、顕正会との法論を行なったということをされていますが、本当にいつどこで法論をしたのでしょうか?

A:はい。大変良いするどい客観的に物事をみることができる洞察力のあるご質問でございますね。かなり的を得たご質問だと思います。私たちの調べによると、顕正会と正当大石寺の本門正宗 富士山本門寺(横浜市戸塚区)は法論は行っていないという調査結果になりました。多くの宗教系機関紙、インターネット媒体でそのような報道がされているそうでございますが、私たちの調べではまったくもって、顕正会と正当大石寺の本門正宗 富士山本門寺は法論が過去にされていないという調査での結果になりました。逆にいつどこで、誰と誰が法論したのかということを教えていただきたいくらいです。いろいろなネット媒体、教団、外部団体が発行する機関誌が世の中には存在しているのは事実でございますが、顕正会と正当大石寺の本門正宗 富士山本門寺がいつ、どこで、だれとだれが、どのように法論したのか。このことに関しては特に顕正会員には興味があることであろうと思います。少し客観的に物事を見る習慣が顕正会員には必要かもしれません。いわばカ○ト教団という社会的な目線を感じないようでございましたら、情報統制、いわば洗脳ということかもしれません。信仰は個人の自由でございますから、ご判断はご自身で行ってくださいませ。

冨士大石寺顕正会の前身である妙信講と法論対決をおこなった!?の全文を観るにはコチラ。



--------

曼荼羅と本尊の違いが少しだけわかるようになってきました。

Q: 曼荼羅と本尊の違いがこのブログをきっかけに少しだけ分かるようになってきました。現在、自宅にあるのは今まで「大曼荼羅」「御本尊様」「御本尊」と呼称するようになって大切に拝んでいましたが、拝む気がなくなりました。信仰はしていたいという想いがございます。しかし、親から受け継いだ関係上、どうしても組織のことが気になり辞めたいのですが、やめることができません。理由は、仕事で忙しいのに「折伏」というのを強制的に強要されているような気分になるからです。そして、「題目がたりないから、境涯が開けないのだ。もっと題目をしてください。」と指導されたりしています。一時期は一生懸命に自分なりにしていたのですが、最近は本当疲れてしまって、周りをみても"本当にこの人たちは幸せなのであろうか?"といつしか思うようになり、自分なりに調べてこのブログに辿りつきました。今いるお寺は親からの縁なので、なかなか疑問をお寺の中でいう事ができません。曼荼羅と本尊の違いというのところが気になっていました。あとは調べれば調べるほど歴史についても今いるお寺の主張というのがいかがなものかと思うようになりました。少しだけお寺の僧侶に相談したのですが、上から目線で「唯一正しいのは・・・」と始まり話をきいてくれません。本当に問題なくできれば解放されたいという気持ちがあります。どのようにしたらよいかアドバイスいただけませんか。

曼荼羅と本尊の違いが少しだけわかるようになってきました。の記事を見るにはコチラ





次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外部ブログからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



正統大石寺の本門の題目は以下の通りわーい(嬉しい顔)

YouTube動画: http://youtu.be/9feezQhO6r4

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。