欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中目

2013年07月31日

創価-学会、日蓮正宗の教義の日興師は本当に日蓮大聖人から継承された人なのか。


動画URL: http://youtu.be/N72KEifrvdw
本門戒壇 日目上人御産館正裔 上行院日了上人による説法会が21日に本門寺本堂(横浜市戸塚区)で行われた。"創価-学会、日蓮正宗の教義の日興師は本当に日蓮大聖人から継承された人なのか。"というこ-とがテーマにあがった。

去る7月21日、正統大石寺 本門寺本堂(横浜市戸塚区)で日目上人御産館正裔 上行院日了上人による説法が行われた。説法を拝聴しに来た元日蓮正宗 法華講員 Gさん(現 本門正宗 富士山本門寺 信徒)は質疑応答の時間になり、「本門正宗も宗祖日蓮大聖人ということではないですか。(中略)あまりにも宗祖日蓮大聖人としている宗派が多いですよね。皆、同じように南無妙法蓮華経のお題目を唱えていますよね。僕は本門正宗が正しいと思って信仰を始めたばかりなのですが、同じ南無妙法蓮華経を唱える人々を導きたいと思っています。」という意見を述べた。上行院日了上人の返答は、「日蓮という人を(あなたが思う)同一人格者と思っているからなのですよ。佼成会(立証佼成会)の日蓮は佼成会の宗祖日蓮なのです。創価学会の日蓮は創価学会が創った日蓮なのです。霊友会にしてもすべてそういうことです。(中略)よそ(他教団)は、聞きたかったら日蓮に聞けとこう言うでしょう。(日蓮に)聞けるか?責任を取りたくないから宗祖を日蓮にしているだけなのですよ。(中略)死んだ人間に責任を取らせようと・・・。自ら述べたら、自ら責任取らないといけないのですよ。(中略)自分たちの都合の良い日蓮像を作っている。」という返答した。富士山本門寺の事務局に確認したところ、「正しい本門戒壇の大本尊を求めて電話の問い合わせや参詣される方々が増えた。主にに創価学会、日蓮正宗、顕正会の経験者で悩みを抱えている人々からの問い合わせがある。」と言う。
引用元記事: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/370511072.html


次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

本門正宗が正しいと思って信仰を始めたばかりなのですが、同じ南無妙法蓮華経を唱える人々を導きたい


記事引用元: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/370511072.html
去る7月21日、正統大石寺 本門寺本堂(横浜市戸塚区)で日目上人御産館正裔 上行院日了上人による説法が行われた。説法を拝聴しに来た元日蓮正宗 法華講員 Gさん(現 本門正宗 富士山本門寺 信徒)は質疑応答の時間になり、「本門正宗も宗祖日蓮大聖人ということではないですか。(中略)あまりにも宗祖日蓮大聖人としている宗派が多いですよね。皆、同じように南無妙法蓮華経のお題目を唱えていますよね。僕は本門正宗が正しいと思って信仰を始めたばかりなのですが、同じ南無妙法蓮華経を唱える人々を導きたいと思っています。」という意見を述べた。上行院日了上人の返答は、「日蓮という人を(あなたが思う)同一人格者と思っているからなのですよ。佼成会(立証佼成会)の日蓮は佼成会の宗祖日蓮なのです。創価学会の日蓮は創価学会が創った日蓮なのです。霊友会にしてもすべてそういうことです。(中略)よそ(他教団)は、聞きたかったら日蓮に聞けとこう言うでしょう。(日蓮に)聞けるか?責任を取りたくないから宗祖を日蓮にしているだけなのですよ。(中略)死んだ人間に責任を取らせようと・・・。自ら述べたら、自ら責任取らないといけないのですよ。(中略)自分たちの都合の良い日蓮像を作っている。」という返答した。富士山本門寺の事務局に確認したところ、「正しい本門戒壇の大本尊を求めて電話の問い合わせや参詣される方々が増えた。主にに創価学会、日蓮正宗、顕正会の経験者で悩みを抱えている人々からの問い合わせがある。」と言う。(取材 佐々木)


記事引用元: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/370511072.html

★創価学会、日蓮正宗の教義の日興師は本当に日蓮大聖人から継承された人なのか
http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/370484716.html

★歴史、真偽、闇に隠されたといいますか。そんな深い深い、もしかして???のようなこ-とがありますよね。ある一部の人々からは『本物探し』といわれるかもしれないが、『本-物探しは良いこと』と主張したい。そして偏った見解は、いわゆる『知らないから』とな-ってしまう。そう、これは歴史のトリックがあるのでないであろうか。
http://youtu.be/SUEb5VmPKuY

次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創価学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

境地冥合(きょうちみょうごう)という境地は佛と境地冥合(きょうちみょうごう)した者しか分からない。

本門の本尊、本門の戒壇、本門の題目の三大秘法

URL: http://youtu.be/3rluZ01HYno
引用元: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/368701250.html
境地冥合(きょうちみょうごう)という境地は佛と境地冥合(きょうちみょうごう)した者しか分からないのです。者と表現しましたが、あえて人ではなく者としました。それには理由がございますが、ここでは省略させていただきます。この境地冥合(きょうちみょうごう)というのは純粋な信心がないと到達できないかもしれません。本門の本尊、本門の戒壇、本門の題目の三大秘法を保ち、正しい方程式、歴史観がないとなかなか境地冥合(きょうちみょうごう)が出来ません。境地冥合(きょうちみょうごう)が出来ない人は出来ない人で、それはそれで今世において波動が合わないということかもしれません。波動というのは良い波動と悪い波動というのがあるので、良い波動に触れていただきたいと思います。本日も熱さ厳しい季節でございますが、一つ熱中症に気をつけていただき水分補給を適度にしていただき、元気よく1日を過ごしていきましょう。
引用元: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/368701250.html

次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外部ブログからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すかいらーくグループのガスト


記事の引用元:http://youtu.be/xAUM4DwKTJc
すかいらーくグループのガストで食事したときのこと。すかいらーくグループの店舗では、 アレルギー物質(特定原材料7品目:卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)の一覧を店舗に用意しているらしい。詳細は店舗で係の者に問い合わせするという仕組みだ。価格的に非常にリーズナブルなガストだけに、使用している原料ということに筆者は興味があるほうだ。たらこパスタを注文したが、どこの産地のタラコなのか?など明細が無い。やはり産地表示という点ではハッキリしていただきたいと思ったりした。少し辛口の意見になりますが、原料の産地表示をしていただけたらもっとありがたいと思ったりした。


★その他
大石寺も創価学会も信用できないと話す岡野さん(神奈川県横浜市)
動画URL: http://youtu.be/wG4qElvtfQw

心臓を悪くしていた岡野さんは創価学会も日蓮正宗=大石寺も信用できないという。心臓病で一時は死ぬのではないかと諦めていた、新聞広告で一つの本と出逢いがあり、寺院を探したらしい。その時に本門の題目というのに出逢ったと話す。成仏したいという想いでお寺に通い始めたらしい、心臓が悪いときには顔色が黒かったという。2年くらい経ち信仰のおかげですっかり健康になったいう。どんなに金持ちになろうが、社会的な地位を得ようが人間死ぬときには形相が激しくなる人もいるというが信仰を保っていると立派な死に方できるという。インタヴュー後は懐中釈迦仏(宗祖日蓮大聖人が所持していた釈迦仏)を見せていただいた。 次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南条時光、大石寺三箇大事の取材、富士山本門寺(横浜市戸塚区)


引用元: http://youtu.be/-983f02phWU
法友のMさんから富士山本門寺(横浜市戸塚区)での宿泊の提案があった。ちょうど、大-石寺に関わる三箇の大事ということで富士山本門寺(住職: 上行院日了上人)が、所持しているというお話しも聞きまして、正統の大石寺と歴史の考-察という観点で筆者は体験レポを試みた。いわゆる本門戒壇含めて、宗祖日蓮大聖人、南-条家、南条時光、日興門流の真相に迫るレポの一つになったであろう。
次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外部ブログからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日興ご門下以外にお弟子方の本尊は原殿御書に「大国阿闍梨の奪取奉り候佛の代わりに其レ程の佛を作らせ給へと教訓に進せ給て」とある

引用元: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/319563655.html

日蓮法華経の正統解釈- 著者 上行院日了(発行所 富士山本門寺)』でこの鎌倉時代〜室町時代に掛けての、ものすごい歴史考察の書籍があります。その一部をご紹介させていただきます。少々難しい漢字も出てきますが、現代文だけ読んでも十分に判る内容になっております。さぁ、これが本当だったら、誰が誹謗正法(ひぼうしょうぼう)なのかな。あの人も、またあの人も謗法(ほうぼう、ぼうほう)は、誹謗正法(ひぼうしょうぼう)ということでございますからね。恐ろしや、恐ろしや。

--------------------------------------------------------------------------------

(P222から)
本門正宗、富士山久遠常在院本門寺の歴史は、日蓮大聖人が文永十一年(1274)五月、甲州波木井郷山中に庵室を結ばれた時に始まります。

即ち、日蓮大聖人は波木井郷山中に庵室を設けられ、そこを自らの身延の地と定められました。
そして、九ヵ年住まわれ弘安五年(1282)九月、「いづくにて死に候ともはかおば みのぶのさわにさせ候べく候」と仰せられ同年十月十三日、武蔵国千束郷池上の地に御遷化あそばされたのであります。

ご遺体は翌日、火葬にふされ、ご遺言に随って御遺骨は身延の沢に帰還し、日興上人は其のご灰骨を以って日蓮大聖人の御影像を御造立され御堂に奉祀されました。

その御影像の姿は日蓮大聖人に生写しであったので「正身の御影」とも「身延御影」とも称されました。この御影様が日興上人にとってのご本尊だったのであります。日興上人が終生、この御影様を佛と仰ぎ給仕された事は次のお手紙に明らかであります。
---------------------------------------------------
□ (波木井)六朗入道御返事(法主全書・165)に

  「しょう人の御ほうせんに申上まいらせて候」


□  原殿御返事(法主全書・168)に

  「改心の御状をあそばして御影の御宝前に進らせさせ給へと
   申候を、」


□  西御坊御返事(法主全書・101)に

  「聖人御影の御宝前に申上まいらせ候」


□  西坊主御返事(法主全書・105)に

  「為孝養田一段 御影の御見参に申上まいらせて候」


□  了性坊御返事(法主全書・121)に

  「いつれも聖人の御見参二入まいらせ候了」


□  了性坊御返事(法主全書・122)に

  「法華聖人の御宝前に申上まいらせ候了」


□  了性坊御返事(法主全書・122)に

  「法華聖人の御宝前に申上まいらせ候了」


□  民部公御坊御返事(法主全書・134)に

  「貴状、先師宝前読上候了」


□  民部公御坊御返事(法主全書・136)に

  「御状 聖人の御宝前によみまいらせ候」


□  美濃公御返事(法主全書・139)に

  「恒例 聖人の御節料 筆廿管 墨五連御宝前に備 見参候了」


□  曽禰殿御返事(法主全書・147)に

  「聖人御影の御見参に入まいらせ候了」


□  曽禰殿御返事(法主全書・148)に

  「せり 御すの御はつを佛にまいらせて候」


□  曽禰殿御返事(法主全書・150)に

  「并にはしかみ一まろ 佛の御見参に申入」 


□  曽禰殿御返事(法主全書・151)に

  「御経 日蓮聖人見参二申入まいらせ候ぬ」


□  曽禰殿御返事(法主全書・152)に

  「又聖霊御具足 法花聖人の御宝前二申上」


□  曽禰殿御返事(法主全書・153)に

  「聖人御影の御見参二申上まいらせ候了」


□  曽禰殿御返事(法主全書・157)に

  「法華聖人 御酒御さかな種々に恐入て給候」


□  曽禰殿御返事(法主全書・161)に

  「芋殻 聖人の御見参二入参候了」


□  ぬくま殿御返事(法主全書・166)に

  「しょう人の御ほうせんに申あけまいらせ」


□  南条御返事(法主全書・176)に

  「ほとけしょう人の御けんさんに申しあげまいらせ候ぬ」

□  由比氏書(法主全書・177)に

  「佛聖人の御座候座二盆の謝日」


□  さへの四郎御返事(法主全書・179)に

  「聖人御見さんに申上まいらせ候」


□  御返事(法主全書・185)に

  「ほくゑしょう人んの御けんさんに申上まいらせ候に」


□  御返事(法主全書・186)に

  「法花しょう人の御ほうせんに申あけまいらせ候ぬ」


□  御返事(法主全書・187)に

  「ほっけしょうにんの御ほんせんに申あけまいらせて候て 
   たいしうら御きやうよみまいらせ候へく候」


□  御返事(法主全書・188)に

  「正月朔日 大衆 重栖御御影を仕候程」


以上のお手紙の外に法主全書に収録されている日興上人のお手紙は同書の189・191・192・193・194.197.199・205等にも記されております。
これに対して日興ご門下以外にお弟子方の本尊は原殿御書に「大国阿闍梨の奪取奉り候佛の代わりに其レ程の佛を作らせ給へと教訓に進せ給て」とある様に、大聖人が伊東八朗左衛門尉から寄進された釈迦立像だったのであります。

美作房御返事に「地頭が不法ならん時は我も住まじき由」と大聖人の御遺言が認められてありますが、この佐渡公日向の進言に依る地頭の釈迦像造立事件が院主日興上人の身延離山の引金となり日興上人は日蓮大聖人の身延御影を弟子の日仙師に背負はせ正応ニ年(1289)波木井の郷を離山されたのであります。


また同時に日目上人も大聖人から託された「聖人御出世の本懐ノ南無妙法蓮華経の教主の木像」(原殿御書)を自ら背負い身延の沢を日興師と共に離山されたのであります。

引用元: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/319563655.html


次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外部ブログからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すかいらーくグループのガストで食事したときのこと。

Youtubeよりの引用です。
すかいらーくグループのガストで食事したときのこと。すかいらーくグループの店舗では、 アレルギー物質(特定原材料7品目:卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)の一覧を店舗に用意しているらしい。詳細は店舗で係の者に問い合わせするという仕組みだ。価格的に非常にリーズナブルなガストだけに、使用している原料ということに筆者は興味があるほうだ。たらこパスタを注文したが、どこの産地のタラコなのか?など明細が無い。やはり産地表示という点ではハッキリしていただきたいと思ったりした。少し辛口の意見になりますが、原料の産地表示をしていただけたらもっとありがたいと思ったりした。
記事引用元: http://youtu.be/xAUM4DwKTJc


★その他
大石寺も創価学会も信用できないと話す岡野さん(神奈川県横浜市)
動画URL: http://youtu.be/wG4qElvtfQw

心臓を悪くしていた岡野さんは創価学会も日蓮正宗=大石寺も信用できないという。心臓病で一時は死ぬのではないかと諦めていた、新聞広告で一つの本と出逢いがあり、寺院を探したらしい。その時に本門の題目というのに出逢ったと話す。成仏したいという想いでお寺に通い始めたらしい、心臓が悪いときには顔色が黒かったという。2年くらい経ち信仰のおかげですっかり健康になったいう。どんなに金持ちになろうが、社会的な地位を得ようが人間死ぬときには形相が激しくなる人もいるというが信仰を保っていると立派な死に方できるという。インタヴュー後は懐中釈迦仏(宗祖日蓮大聖人が所持していた釈迦仏)を見せていただいた。 次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山本門寺 本堂(横浜市戸塚区小雀町)で、本門の波動エネルギーを使った気功教室が行われている


富士山本門寺 本堂(横浜市戸塚区小雀町)で、本門の波動エネルギーを使った気功教室が行われている。施術をする三原さん(気功師)は「本門の波動」、「妙法のエネルギー」を使った治療というのを行うと話す。施術に初めて体験したYさん(横浜市 女性)は、友人に誘われて来てみたということだ。そこで首周りの疲れ、肩こり、腰痛などの症状に関して施術を受けて「身体が軽くなった」とびっくりした様子だった。骨盤のゆがみなどにも対応するという。
引用記事: http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/369012534.html 次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日興門流の血脈論をするどく指摘していた。−「池上相承書」「身延相承書」の二箇相承もあれも偽書

日蓮-日興という血脈というのを信じている人には痛い話題かもしれない。聞きたくない、見たくないというニュースになるかもしれないが、しかしこれが正しい考察というのが正常な人間の感覚ではないでしょうか。富士山本門寺(横浜市戸塚区)に来ていた青年Gさん(神奈川県藤沢市)は日興門流の血脈論をするどく指摘していた。−「池上相承書」「身延相承書」の二箇相承もあれも偽書ですよ。− と話した。 
http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/369942240.html 次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日蓮正宗の曼荼羅を返したわけですけど、すごいサッパリしましたよね。

本門戒壇の大本尊と御影様と富士山本門寺は本当!?
取材動画URL: http://youtu.be/SUEb5VmPKuY
心臓を悪くしていた岡野さんは創価学会も日蓮正宗=大石寺も信用できないという。心臓-病で一時は死ぬのではないかと諦めていた、新聞広告で一つの本と出逢いがあり、寺院を-探したらしい。その時に本門の題目というのに出逢ったと話す。成仏したいという想いで-お寺に通い始めたらしい、心臓が悪いときには顔色が黒かったという。

引用:http://nichiren-tokyo.seesaa.net/article/324558616.html


★楽天 今欲しい物、探し物、いろいろな物を買い揃えるにはいいであろう。
『お買い物なら楽天市場』を見る⇒ http://a.r10.to/hGvojp 次項有人気ブログランキングへ目
posted by 法華兄さん at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外部ブログからの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



正統大石寺の本門の題目は以下の通りわーい(嬉しい顔)

YouTube動画: http://youtu.be/9feezQhO6r4

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。